指導者紹介

常任指揮者 田中 明

 国立音楽大学声楽科卒業。現在、日本合唱協会のコンサートマスターを務める。「ぶどうの会」代表としてコーロ・ステラ、アンサンブル・マーレ、コーロ・ウェルデ、混声合唱団カンタ・ヴィーノ、帝京大学混声合唱部コーラル・ソサエティ、のばら会、ユースホステル合唱団の他、日野市民合唱団、八ヶ岳アンサンブルの常任指揮者。企画演奏会、委嘱初演、オペラ、コンクールなど幅広く指揮活動を行っている。東京賢治シュタイナー学校講師。日本合唱指揮者協会会員。「Musicale Cosmos」主宰。音楽工房「萌」代表。

ヴォイス・トレーナー 福成 紀美子
 国立音楽大学声楽科卒業。同大学院音楽研究科(専攻 オペラ)修了。 第5回奏楽堂日本歌曲コンクールにて第2位に入賞。オペラでは『フィガロの結婚』『魔笛』『ヘンゼルとグレーテル』他、多数出演。その他、宗教曲のソリストとしても活躍している。1994年にはニューヨーク(カーネギーホール)にてアメリカへのデビューリサイタルを、国内では2000年にドイツ・アメリカ・ロシア・日本の歌曲による3回リサイタルを開催し、好評を博した。 二期会、日本演奏連盟、日本・ロシア音楽家協会会員。音楽工房「萌」会員。
ピアニスト 浅海 由紀子
 国立音楽大学器楽学科(ピアノ専攻)卒業。岡田隆郎、湯本季美江、渡部美代、井上信子の各氏に師事。在学中、ピアノ部会主催の「音楽の森ピアノコンサート」に出演する他、声楽科有志による合唱団「くにたちカンマーコール」のピアニストとして、国内外において数多くのステージ経験を積む。現在、プロ合唱団「日本合唱協会」のピアニストを務める他、数多くのアマチュア合唱団、声楽家、器楽奏者の共演ピアニストとして、多くの演奏会やコンクールに出演している。 また、1998年〜2004年、4度にわたりイタリアポルデノーネ市のBeata Vergine delle Grazie教会の招聘により、コラーレグローリア(混声合唱団)の伴奏ピアニストとして同行、大聖堂でのコンサートは大好評を博した。


HOME