ユースホステル合唱団とは

【名前の由来】

ユースホステル合唱団とは、1955年に結成された混声合唱団です。「ユースホステル」の名を冠しているのは、もともとユースホステル会員の歌好きの仲間が集ってできた合唱団だから。現在はとくにユースホステル協会とは関係をもちませんが、旅好き、遊び好きのメンバーが多く、旅行や飲み会、花見などのイベントも自然発生的に行っています。

【構成メンバー】

現在の団員数は約20名強、年代は20代から60代と幅が広いです。入団して初めて合唱を始めたというまったくの初心者からセミプロまで、音楽経験も年齢も幅広いメンバーが集っています。

【指導陣】

指揮者は田中明先生、ヴォイス・トレーナーは福成紀美子先生、ピアニストは浅海由紀子先生。団の実力はさておき、指導陣の厚さが自慢です。

【レパートリー】

 曲はクラシックはもちろんのこと、映画音楽、日本の合唱曲、叙情歌、ポップスなど幅広く歌います。

【主な活動】

定期演奏会を2年に1回の割合で開催しています。

田中明先生が指揮をしている合唱団によるネットワーク、「ぶどうの会」に参加しています。「ぶどうの会」では、およそ2年に1回の割合で企画コンサートを開催しており、企画内容によって単独ステージ、合同ステージなどに出演しています。

不定期にクリスマスパーティやミニコンサートを企画・開催しています。

年に1,2回、合宿を行っています。


HOME